読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごはんですね

ミュージカル俳優チョヒョンギュンさんのことばかり。

チョヒョンギュンさんの次回作

若さの行進(チョルムメヘンジン/若者の行進) ミュージカル

 

来月11日には無人島生活2015を終える俳優さん

6月に始まった頃は先は長いな~と思っていたのに、もう1ヶ月切ってたTT

 

次の舞台は長く愛されている創作ミュージカル「若者の行進」

 

 

残念ながら知らない(´・ω・`) 
私は「若者の行進」のことを何も知らない(´・ω・`)

 

お昼休みに情報を見た時は「めがね!めがね!」で終わってしまったんだけど、このまま私の中で「若者の行進」が「めがね」になっちゃうのはまずい
それでもやはりめがね…♡

Cr.JungCulture
f:id:meriigq:20150917232903j:plain

 

 

 

あえて、あえて、カタカナにするとチョルムメヘンジン?

「若さの行進」と訳すのか「若者の行進」と訳すのか分かれるみたいですね(´・ω・`)

 

どちらもぐぐったところ、「若者の行進」は昔KBSで放送されていたバラエティショーの情報がヒットする印象
「若さの行進」のほうがミュージカル「젊음의 행진」として引っかかるイメージ
大元は同じなのでしょうか??

 

 

なんて呼ぼう…"若さの行進"という響きが健康食品のようでww

"若者の行進"と呼んだほうが作品っぽさを感じる…

 

でも結局なんじぇんみたいに韓国語をそのまま表記しそうw

チョルムかヘンジンか…それとも略語なのか…悩むTTTT

 

 

 

 

呼び方で悩みすぎた

とにかく次の作品チョルムメヘンジンでワンギョンテを演じる俳優さん♡

Cr.JungCulture
f:id:meriigq:20150917235102j:plain

 

 

 

ミュージカル「チョルムメヘンジン(若者の行進)」

期間:2015年11月13日(金)~2016年1月10日(日)
会場:梨花女子大学 サムソンホール →会場情報(104korea)
出演:
├ オヨンシム役:シンボラ(신보라)、チョンガフィ(정가희)
├ ワンギョンテ役:チョヒョンギュン(조형균)、パクゴァンソン(박광선)
└ ほか:キムドンヒョン(김동현)、イムジナ(임진아)、ユヨン(유연)、キムスルギ(김슬기)、チョンヨクサン(전역산)、キムミンソン(김민성)、チェソンウク(최성욱)、ソンユテク(송유택) 他

 

なんじぇんでお見かけしたチョンヨクサン俳優、よぼしょでお見かけしたソンユテク俳優もいますね~

 

 

 

 

◆紹介記事:JungCulture

m.jungculture.co.kr

배금택의 인기만화 ‘영심이’를 원작으로 한 뮤지컬 <젊음의 행진>은 어느덧 서른다섯 살이 된 주인공 영심이가 ‘젊음의 행진’ 콘서트를 준비하던 중 학창시절 친구 왕경태를 만나 추억을 떠올리면서 벌어지는 이야기로 90년대를 대표하는 주옥 같은 가요들로 재무장하여 오는 11월 13일 이화여대 삼성홀의 무대와 객석을 가득 채울 예정이다

 (適当和訳)

ペグムテクの人気漫画「ヨンシム」を原作にしたミュージカル「チョルムメヘンジン(若者の行進)」は、いつの間にか35歳になった主人公ヨンシムが「チョルムメヘンジン」コンサートを準備するさなか学生時代の友人ワンギョンテに会い、記憶を思い浮かべながら展開していくお話で90年代を代表する珠玉の歌謡曲で再武装し来たる11月13日梨花女子大学サムソンホールの舞台と客席をいっぱいに満たす予定だ

 

영심이를 짝사랑하는 순정남 왕경태 役에는 창작 뮤지컬계의 황태자라 불리며, 인기몰이 중인 뮤지컬배우 조형균, 실력파 뮤지션 울랄라 세션의 박광선이 출연한다

 (適当和訳)

(主人公である)ヨンシムに片思いする純情男子ワンギョンテ役には創作ミュージカル界の王子と呼ばれ人気が集まるチョヒョンギュン、実力派ミュージシャンウララセッションのパクグァンソンが出演する

  

뮤지컬 ‘난쟁이들’, ‘여신님이 보고계셔’, ‘살리에르’ 등으로 탄탄한 연기력을 인정받으며, 뮤지컬 마니아들의 지지를 받고 있는 배우 조형균은 “배우는 물론 관객들까지 힐링할 수 있는 좋은 작품에 출연하게 되어 영광이다. 관객들이 공연을 통해 과거의 향수를 느끼고, 소중한 추억을 되새길 수 있도록 좋은 무대를 선사하겠다. <젊음의 행진>과 함께 소중한 과거와의 여행에 동참해달라. ”며 캐스팅된 소감을 전했다.

 (適当和訳)

ミュージカル「なんじぇんいどぅる(小人たち)」、「女神様が見ている」、「サリエル」などで堅実な演技力を認められ、ミュージカルマニアたちの支持を受けている俳優チョヒョンギュンは「俳優はもちろん、観客まで癒される良い作品に出演することになり光栄だ。観客が公演を通じて過去の郷愁を感じて、大切な思い出を振り返ることができるように良い舞台をプレゼントする。『チョルムメヘンジン(若者の行進)』とともに大切な過去との旅行に参加してほしい」とキャスティングされた所感を伝えた。

 

 

 

 

今回の王子はめがね男子(〃ω〃) しかも純情男子(〃ω〃)

劇中もめがねかけるのかな

広報写真があまりあてにならないっていうのはサリでもゴッホでも痛感した(あれ…どっちもHJカルチャー…

 

今回はPMCプロダクション

最近だとなんじぇんがPMCで、私が知ってるものだとタルゴナもPMCだったようで縁がありますね(*'-'*)

 

 

一次チケッティングは9月24日14:00インターパークにてと記載があったけど、これはこのブログを参考にしないでください(。・ω・。)

いついかなる変更があるか分からないから^^;;

 

 

 

10月中旬まで無人島に滞在し
11月は水原でオーベルに行き(ややこしい)つつ、若者の行進をスタートさせ
12月は大田で再びの無人島に流れ着くヒョンギュンさん

相変わらず精力的なスケジュール

 

次の作品も魅力あふれる舞台にされることはもう信じきってるけど、健康で俳優さん自身も楽しくできたら一番うれしい(*'-'*)

願わくばめがねバリエをもうちょっと見たい…っ